人に潤いを与える美粧、素材の保護や太陽熱を遮断するなど様々な機能を発揮し社会に貢献する塗料は、一方でその製造過程や塗装時に地球環境を汚染するというリスクを有しております。シックハウス症候群の起因物質となるホルムアルデヒドの放出、大気汚染物質である揮発性有機化合物の排出などを抑制し、塗料による人体への影響を極小化、皆無化することが大きな課題として求められております。このような状況下、当社では大気汚染物質(揮発性有機化合物)の低減に積極的に取り組み、今日では、環境に配慮した非溶剤系商品の販売割合を60%にまで高めてまいりましたが、さらにゼロ化を目指し、さらなる改善に取り組んでまいります。 当社は、品質に関するISO9001は全ての工場で認証取得しており、今後も一層の品質の向上と環境改善を推進してまいります。 今日、塗料メーカーとして長年蓄積してきた技術力をフルに活かし、塗料ニーズの高級化、商品価値向上の要求に積極的に対応、グローバルな視点から新しいテクノロジーの開発に努力しております。また、次世代の産業構造に対応すべく、塗料部門のみならず、アクリルゴムを主力商品とする化成品部門の充実により、自動車産業等へのさらなる展開も図り、塗料と化成品を事業の両輪として付加価値を高めたビジネス展開をはかってまいります。 創業から約1世紀、伝統の中に育んできた実績に新たなページを加えていくために、今後も一層の飛躍を期して、夢ある未来を見つめ続けてゆきたいと思います。